たれ院長ブログ 〜エステでハイフが人気〜

ダブロ

ハイフとはHIFUの呼び名で、高密度焦点式超音波治療法(High Intensity Focused Ultrasound)の治療を行う機器のことを表します。簡単に説明すると、超音波を1点に集中させることで高い熱を発し、それを利用して治療を行います。

 

 

超音波は身体に対して害無く検査ができるので、医療現場で広く使われています。エコー検査としてお腹の中を検査したり、乳癌検査では代表的な検査の一つです。その無害な超音波も、密度を高めると高エネルギーとなり、熱を発生します。その作用を利用して、癌細胞に焦点をあてて温熱療法を行う治療機があり、メスを使わずに放射線や抗がん剤もなく癌治療ができるとして研究されていました。その技術を応用し、リフトアップや肌のハリを出す治療に使われ始め、その代表的な治療機として「ダブロ」、「ウルセラ」があります。他にもHIFU治療機はあるのですが、超音波を正確に集めて、焦点に理論通りの熱のスポットを作る精度にはバラツキがあるようで、それが精確でないと正しい効果が得られないばかりかリスクも高くなる可能性があります。

 

レーザーや高周波を使った治療機も今までにありましたが、それらはレンズのようにエネルギーを集められないため皮膚の奥に有効なエネルギーを届けようとすると皮膚表面は高温となり、火傷になってしまいます。仕組みを考えるとHIFUはリフトアップ系の治療機としてはもう既に主流となり、しばらくはこの仕組みを超える治療機は出ないのではないかと思ってしまいます。

 

それぐらい効果が高いHIFUですが、医療器として販売、使用されており、過去には販売したとして逮捕されました。海外では医療器であることから日本では未承認であっても医療器として扱われ、医師免許なく施術すると違法となります。それだけでなくても、威力、効果が高いため、医学的な知識、物理的知識、そしてそれが身体の中でどのように作用してどのような変化を起こすかという知識も勉強も足りない人が扱うことは単純に危険です。それがわかっていないといい加減な扱いをしたり、プロから見るとあり得ない使い方をして思わぬ副作用を起こします。

 

あまり効果が高くないような施術であればそれほど問題にはならないでしょうが、HIFUは効果が高い分、正しく扱わないとリスクも高くなります。筋膜に熱を加えるため、筋肉の配置を熟知して、照射してはいけない筋肉を外す必要がありますし、神経に照射すると神経障害が残る危険性があります。また、精度の低い機械では理論通りに熱が発生していない可能性があり、狙った通りに熱が発生しないということは、効果もあまりないかわりにリスクも少なくなり、トラブルにならないという意味ではよいのかもしれませんが、そんな精度の低い治療機を使うこと自体が不安になりますね。

 

HIFU販売で逮捕

 

そんなHIFUですが、調べてみるとエステを中心に人気があるようです。ちょっと見ただけでも、超音波を使って脂肪細胞を死滅、などと医師法も真っ青な謳い文句が並びます。医療でないのにそんなこと言ってもいいのかなと心配になりますが、HIFU機器自体もまた一斉に取り締まられ、コスモライトのように大きな事件とならないかも心配になります。機械を販売する会社は大丈夫と言うのでしょうが、実際に水膨れになったりとトラブルもあるようで、安全に配慮して欲しいなと思います。

 

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ラベールミラクリニック

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトンプラザB1

052-253-8155

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

関連記事

  1. パック

    幹細胞再生マスク〜 素肌美人を目指しましょう♡

  2. 先生写真

    院長ブログ ~ヒアルロン酸リフトアップ治療の宿泊プラン~

  3. 院長

    たれ目院長ブログ ~ヒアルロン酸で大失敗!~

  4. デザート

    院長ブログ ~ヒアルロン酸の硬さ~

  5. 新井院長

    院長ブログ ~一口にシミと言っても…~

  6. タキシードの男性

    大人気!メンズ脱毛 まずはヒゲから始めませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。