Hyaluronic Acidヒアルロン酸

ヒアルロン酸

こんな方におすすめ!

  • ・たるみを改善させたい
  • ・ほうれい線を薄くしたい
  • ・マリオネットラインを改善したい
  • ・目の下の凹みを治したい
  • ・こめかみ、ほほをふっくらさせたい
  • ・鼻を高くしたい
  • ・フェイスラインをすっきりさせたい
  • ・額を丸いかわいいおでこにしたい
  • ・瞼の重みをとって目がすっきり開くようにしたい

適応症状

  • 顔のたるみ(頬、アゴ、瞼)
  • ボリュームロス(目の下、頬、こめかみ、額、口周囲)
  • ほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴライン
  • アゴ、フェイスライン
  • 鼻筋の平坦化
  • 唇の扁平化

効能

リフトアップ

顔のたるみは皮膚がたるむだけでなく、土台となる骨の萎縮から始まり皮膚を支える筋肉や支持組織が緩み、伸びていくことによって現れます。最新のヒアルロン酸は萎縮した骨や脂肪を補い、伸びた腱を引き上げることで強いリフト力を発揮し、たるみを改善させます。それによって、たるみが原因であったほうれい線やマリオネットラインは薄くなりアゴの丸みは改善されてシャープなフェイスラインとなります。

リフトアップ

ボリュームロス治療

老化現象の仕組みが解明され、顔のたるみは単に皮膚がたるむだけでなく、土台となる骨、さらには若々しく元気な表情を作るための脂肪、筋肉が萎縮することが原因であることがわかってきました。弾力性のあるヒアルロン酸を使用し、減ってしまったボリュームを補うように注入することで、若い頃にあった必要な膨らみを取り戻し、たるみも改善させます。具体的には目の下、頬、こめかみのボリュームロスを改善させることで美しい顔の基準となるオーバルラインへ近付け、アゴの骨の形を整えることでフェイスラインをシャープに引き締めます。また、口周囲の薄くなった皮膚や唇、ほうれい線、マリオネットラインにヒアルロン酸を注入し、シワを薄くしてふっくらとした肌となります。この場合、皮膚の浅い部位にヒアルロン酸を注入しますが、適切なヒアルロン酸を用いて丁寧に注射することで皮膚に凹凸ができたりしこりとなることはありません。唇には最も柔らかいヒアルロン酸を使い、ふっくらと厚みのある唇となります。

女性頬

隆鼻

鼻は頭蓋骨の萎縮により歳とともに低く、横に広がるように変化し、鼻筋は丸みを帯びてきます。ヒアルロン酸を鼻筋に注入することでくっきりと筋の通った鼻となります。鼻を高くしたい場合にも効果的ですが、鼻は顔の中心に位置していて目立つパーツであり、少量のヒアルロン酸で大きく印象が変化するため一度の治療で入れ過ぎないようにすることが自然な仕上がりとなります。

女性

効果が続く期間

最新のヒアルロン酸の持続期間は従来の2倍以上と飛躍的に伸びており、今後も更に長期持続する製剤が開発されています。現在、リフトアップやボリュームロス治療に使用する弾力の高いヒアルロン酸は体内で吸収されるまで約2年かかります。最初にしっかりとベースとなるリフトアップ治療を行えば、その後は約半年毎に少量追加することでリフトアップされた良い状態を維持できます。ただしヒアルロン酸が代謝される早さには個人差があるため、もっと長く効果が持続する場合もあります。
額を丸くするために注入する部位は代謝が遅いため、目安である2年を超えて存在し、長期間効果を発揮します
唇に入れるヒアルロン酸は最も柔らかい製剤であり、代謝されるまで約1年となります。

ヒアルロン酸
ヒアルロン酸効果

併用するとより効果が出やすい治療

小顔治療(エラボトックス)

ヒアルロン酸を使用したリフトアップ治療をしっかりと行うと、たるんだ頬が引き上げられるため顔が細くなります。その結果、肥大した咬筋が顔を横に広げてしまう場合があり、ボトックスで筋肉の張り出しを抑えることでより細い顔、シャープなフェイスラインとなります。

あご注射

シワ除去(ボトックス)

たるみを改善させると、もう一つの大きな老化現象であるシワが気になってきます。額、目尻、眉間、アゴのシワはボトックスで比較的簡単に除去することができ、リフトアップ治療と組み合わせることで最大のアンチエイジング治療となります。

眉間注射

肩、膝への注入について

変形性関節症の治療として行う肩関節、膝関節へのヒアルロン酸注入は、関節内の減ってしまったヒアルロン酸を補うことで関節痛を軽減させる治療であり、当院では施行しておりません。

失敗してしまう例

ヒアルロン酸の位置、量が正しくない場合

皮膚の表面がでこぼこしてしまいます。また、量が過剰であると顔が幅広く見えたりバランスが悪くなります。顔を若返らせるには適切な部位に正しい量のヒアルロン酸を注入することが重要であり、それを見極めるアセスメント、正しく施術する技術が求められます。一つとして同じ顔はないため、患者様の顔によって最適な治療法は異なり、不適切な治療は満足の得られない結果となります。

ヒアルロン酸製剤の選択が不適切な場合

ヒアルロン酸製剤はたくさんの製薬会社から発売され、さらにそれぞれ硬さや弾力、表面の滑らかさや持続力の違いなど色々な種類のヒアルロン酸があります。顔の部位や治療の目的によって性質の異なるヒアルロン酸を使い分けることが重要ですが、選択したヒアルロン酸の性質が治療に合ってないと思うような結果となりません製剤の性質を熟知し、適切に使い分ける技術が必要となります。また、数多くある製剤の中には質の悪い製品があることも事実であり、製造から流通までしっかりと管理され、日本において厚生労働省の承認を取得した正規品を使用することで思わぬ副作用を回避することにつながります。

副作用

ヒアルロン酸はもともと体内に存在するものであり、生体組織との親和性が高いため副作用が少ないことが特徴です。アレルギーは非常に少ないですがまれに発生する場合があります。ヒアルロン酸を注入する部位によっては表面に凹凸ができたり血流を悪化させる場合があります。これは薬品による副作用ではなく、治療に伴って起こり得る合併症と言えますが、技術的な問題でリスクを下げることができます。万が一そのような合併症やアレルギーが発生した場合はヒアルロニダーゼを注射してヒアルロン酸を溶解する治療を行います。

院長のヒアルロン酸ブログはこちら