たれ目院長ブログ ~ヒアルロン酸治療後の修正はヒアルロニダーゼ~

マドレーヌ

ヒアルロン酸は溶けるから安心、溶かせるから安全、と言えます。溶けない糸や素材を使ったリフトアップ治療では、万が一何かトラブルとなった時には取り出す必要があり、入れるときと違って組織とくっついているとそう簡単にはいかないこともあります。また、重大なトラブルではなくても、異物が入っていることで感染を起こすことは時々起こります。

 

それに、一度治療しても人はまた時間とともに年を取り、顔も変化していきます。一度治療しただけでその後全く変化しないという治療があったら逆に怖いことでしょう。ヒアルロン酸は時間とともに吸収され、追加の治療時にはその時のたるみ具合に応じた治療ができるので、やはりその時の状態に合わせた違和感のない治療が可能となります。

 

そんなヒアルロン酸も、注入する部位や量を見誤るとバランスが悪くなります。そのような場合はヒアルロニダーゼという薬でヒアルロン酸を水へと分解します。当院ではもちろんそのようなことがないように細心の注意を払って施術し、自然な仕上がりに最も配慮して治療プランをたてますが、他院で注入したヒアルロン酸を溶かしたい、という依頼が少なからず入ります。このブログを見て問い合わせをいただく場合が多いので、当院にヒト由来のヒアルロニダーゼがあることや、溶解治療をするためには注入したヒアルロン酸の詳細があるとよいことなどをご存知であることが多く、たいていその詳細を持参していただけます。

 

詳細がわかると正確にヒアルロニダーゼを注入できますし、溶かす量をある程度調節することもできます。患者様は、せっかく入れたヒアルロン酸なので全部なくなって以前の状態に戻ってしまうのはもったいないと思われることが多いです。その気持ちはよくわかるので、当院ではヒアルロニダーゼで解けるヒアルロン酸の量を調べて、詳細がわかる場合に限り、溶解しながら形を修整するという難題に取り組んでいます。今のところは計算通りに減って、せっかく入れたヒアルロン酸が無駄にならなくてよかったと喜ばれることが多いですが、詳細がわからない場合には溶解治療そのものができないこともありますのでご了承ください。

 

ヒアルロニダーゼがヒアルロン酸と混ざり合うとすぐに反応し始め、半日程度でヒアルロン酸は水へと分解されます。その水もまた時間とともに吸収されて、注入したヒアルロン酸はなかったことにできます。時間経過で説明すると、ヒアルロニダーゼを注射すると数時間で若干膨らんだ感じになります。これはヒアルロン酸が水に置き換わってちょっと膨らんで見えるためで、赤みや痒みが出てこなければ心配はありません。その後また数時間でその水が吸収されて、今度は一度膨らんだところが縮んできます。ヒアルロニダーゼを午前中に注射した場合は、当日の午後にかけてちょっと膨らみ、夜から翌日にかけて今度は縮んでくる、というような経過になると思います。

 

ヒアルロニダーゼによる溶解治療は、ヒアルロン酸注入治療を行う者にとっては必須だと考えます。当院では非常に珍しいヒト由来のヒアルロニダーゼを置いてあるため、同業のドクターから質問されることもありますが、その時は業界全体の安全につながるように、私の知る情報を隠さずにお伝えしています。

 

 

 

ヒアルロン酸治療の患者様からまた差し入れを頂きました。いつもありがとうございます(^_^)

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ラベールミラクリニック

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトンプラザB1

052-253-8155

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

関連記事

  1. 症状ビジュアル

    たれ目院長ブログ ~2017年は新世代リフトアップ治療の始ま…

  2. 先生写真

    院長ブログ ~子供と一緒でも大丈夫です~

  3. 新井院長

    美肌になる方法★

  4. たれ目院長ブログ 〜注入治療専門として、針の一刺しにかける思…

  5. レーザー施術

    院長ブログ ~レーザートーニングのスタッフ研修~

  6. つぶつぶいちごポッキー

    名古屋〜 医療脱毛! 本日はポッキーの日😋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。