たれ目院長ブログ ~治療効果の目安?ビフォーアフター~

ビフォーアフター

今年の6月から美容クリニックの広告規制が厳しくなり、アフィリエイトサイトなどで顧客を誘引することや、ホームページ、SNSなどでビフォーアフター写真を掲載することが原則禁止になります。写真を修整、加工することで効果が高いように見せ、クリニックへ誘導することがあるのも問題の一つとなっているようです。

 

写真を加工してまでして載せるのは明らかに問題ですが、ビフォーアフターの写真すべてが禁止となると、患者様が治療やクリニックを選ぶための情報がなくなってしまうので、何かしらの条件付きで許されてもいいのではないかと思います。美容医療の自由診療のため治療費も時に高額となります。それだけの費用でどのような変化が起こるのか、選ぶクリニックはどの治療でどの程度改善させているのか、ある程度参考にできるものがないと、患者様にとってもちょっと困るかもしれません。

 

当院ではあまりビフォーアフター写真を掲載していませんが、カウンセリングでは患者様のパターンごとの治療症例を見ながらどれに近い変化になるかを説明し、治療後の顔をできるだけ正確にイメージしていただけるようにしています。たるみの症状の場所や程度は人によって様々で、頭蓋骨の形や骨吸収の具合の異なるため、それぞれの状態に合わせた治療を行います。治療はマニュアルではなくてオーダーメイドになります。その時に、「必ずこのようになりますよ」という意味ではなく、「この症例の症状に近く、治療結果もこのようなイメージになります」という意味でビフォーアフター写真を参考にしていただきます。まさに症例写真ですね。

 

 

例えば上の症例では、30代と若くてもたるみが強い場合、しっかりとリフトアップすれば本来のアゴのラインに戻って顔が細くなり、口角が上がって優しい表情になることがわかります。同じような年齢、症状の場合はこの症例写真を見ると自分の変化もイメージしやすいです。もちろん同じように改善するかどうかは、患者様の症状、肌質、骨格、筋肉、と色々なものを診察で正確に判断する必要があり、そこにドクターの技術の差が表れてくると思います。

 

現実的には患者様がクリニックを選ぶ際に、ビフォーアフター写真はかなり参考にしていると思います。私も患者目線でクリニックのホームページや広告を見ていると、やはり変化が大きくてきれいになっている写真に目がいってしまいますし、自然と自分もそうなると無意識に期待してしまいます。規制が厳しくなると、今後はクリニックや治療を選ぶ基準として何が重要になってくるのでしょうか。今はちょっと予想できませんが、ラベールミラクリニックとしては目の前の患者様をこつこつと治療していくことには変わりありません。

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ラベールミラクリニック

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトンプラザB1

052-253-8155

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

関連記事

  1. 腕の跡

    院長ブログ ~ヒアルロニダーゼの実験~

  2. 新井院長

    院長ブログ ~ダイエットプログラム成功~

  3. ビフォーアフター

    たれ目院長ブログ ~膨らますのに小さくなるヒアルロン酸の不思…

  4. たれ目院長ブログ ~ピーリングは美肌治療の基本治療~

  5. シミ取り翌日

    シミよさようなら!

  6. 先生写真

    たれ目院長ブログ ~日焼けしてしまったらビタミンC~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。