WRINKLESしわ

しわ

シワの原因

シワは、皮膚の乾燥によるちりめんジワ、表情筋の動きによってできるシワ、顔のたるみによってできるシワがあります。そのため、シワの治療は原因によって異なります。

①ちりめんジワ

乾燥が主な原因。年齢、紫外線の影響、ターンオーバーの乱れにより乾燥が進みます。

眉間のしわ

②表情ジワ

コラーゲンの減少により皮膚の弾力が低下し、表情筋によってできるシワが定着したものです。

あごのしわ

③たるみシワ

顔の筋肉や脂肪のたるみが原因となります。また、必要な脂肪や骨が委縮してボリュームがロスすることでさらにシワを深くします。

シワの種類、発生場所

しわ発生場所イラスト

筋肉によるシワ

額、眉間、目尻、鼻、アゴ

たるみによるシワ

ほうれい線、マリオネットライン、頬(ゴルゴライン)

ちりめんジワ

目元、頬、口周囲

シワ治療

①ちりめんジワ

ピーリング、エレクトロポレーション(ヒアルロン酸導入)、ビタミンC、ドクターズコスメを用いた治療が、治療方法となります。
ピーリングで皮膚のターンオーバーを促進し、ビタミンCヒアルロン酸導入で肌質を改善。適切なコスメ、日焼け止めで肌への紫外線をカットしつつ保湿を行います。

ケミカルピーリング

②表情ジワ

ボトックス注射がほぼ唯一の治療方法で、効果も高く安全性も確立されています。

眉間注射

③たるみシワ

ヒアルロン酸注入か、ダブロでの治療となります。
シワの原因であるたるみを改善させることが第一選択です。ヒアルロン酸を使ったリフトアップや最新のたるみ治療機であるダブロがダウンタイム無く効果の大きい治療としておすすめです。

ダブロ

各治療方法について

ケミカルピーリング
古い角質を除去し皮膚のターンオーバーを正常化することで肌の細胞を若返らせ、保湿力を回復させます。最新のピーリング剤は肌への刺激を低減しつつ効果を発揮するため、ヒリヒリするような痛みは格段に改善されています。

エレクトロポレーション
肌を傷つけることなく皮膚の奥にビタミンC、プラセンタ、その他美白美肌成分を導入することができます。イオン導入の数十倍の効果を発揮します。

高濃度ビタミン点滴
皮膚の細胞活性化に必須のビタミンCを高濃度で、直接血管から体内に取り入れます。

ボトックス注射
表情筋の緊張を緩め、皮膚を伸ばすことでシワを改善します。薬の効果、安全性は高いですが、注射する最適な量や場所は人によって異なるため医師の技術が求められます。

ヒアルロン酸注入
最新のヒアルロン酸を使った最先端のリフトアップ治療。たるみを引き上げる要所にヒアルロン酸を注射し、たるみを引き上げます。また、たるみの原因となるボリュームロスを改善し、フェイスラインを引き締めて小顔効果を出すことも可能です。ヒアルロン酸は数十社以上から発売されており、それぞれ性能や副作用が異なります。
当院で使用するアラガン社のヒアルロン酸は厚生労働省により認可されており、代謝されるまで2年以上持続します。

ダブロ
HIFUと呼ばれる治療機で、超音波を使ってメスを使わずダウンタイムのないたるみ治療を実現します。施術直後からリフトアップは体感でき、その後コラーゲンが産生されることで肌のハリも出てきます。

ラベールミラクリニックのシワ治療

ラベールミラクリニックでは、原因別のシワ治療法をそろえています。乾燥肌の治療は、クリニックでの治療に加えて日々のケアをちょっと気を付けるだけで改善してきます。ホームケアの注意点、間違ったコスメの使用法など、その人に合ったケア方法をレクチャーします。

ラベールミラクリニックは、表情ジワとたるみジワの治療に特に自信を持っています。
ボトックス治療は患者様の希望に合わせたオーダーメイドの治療が可能で、皮膚の浅いシワを改善するマイクロボトックス注射治療も施術可能です。ボトックスでよく聞く失敗や硬い表情になるのは、ほとんどが医師の技術的な問題とボトックス製剤に原因があります。当院では必ずドクター自らカウンセリング、診察を行い、患者様の顔の特徴に合わせて微調整することで、全ての人に満足度の高い治療となるよう心がけています。
ヒアルロン酸注入によるリフトアップは、手術をすることなく注射だけでたるみを改善できます。ダウンタイムも少なくたった15分で若返りが可能であり、その効果の持続期間は従来のヒアルロン酸に比べて2倍以上と長いです。治療後は化粧も可能で、いくつかの注意点以外はすぐに普段の日常生活を送れます。当院ではボトックス製剤、ヒアルロン酸製剤の安全性、性能に特に気を使っており、厚生労働省承認の正規品を使用しております。

当院では各治療ごとのメリット・デメリットは必ずお話して、患者様同意の元で治療を進めていきます。そのためのカウンセリング時間もたっぷりと確保しますので、極力不安を取り除いて治療を行います。
また、現在の患者様からは、院長が各地で講演を行っている健康に関するネタを聞きたいがためにご来院頂く方もいます。麻酔科・外科出身のため、通常の美容皮膚科とは異なる観点から健康についてお話できますので、気になる健康ネタがある方はぜひぜひお話ください。

料金表(税別)
18,800円
12,000円
26,000円
34,000円
40,000円
75,000円
160,000円

治療の流れ

通院回数について

①ちりめんジワ

ちりめんジワ…の改善は保湿・肌質改善治療となるピーリングや導入治療を定期的に行うことが重要です。その間隔は1~3週間程度で、5回を1クールとして効果を判定しながら治療を継続します。1回の治療でも効果を感じられますが、繰り返し行うことで肌質を改善し、保湿力を高めていきます。

②表情ジワ

表情ジワ…ボトックス注射は施術日の2~4週間後に再診で経過をチェックし、問題なければ次回はボトックスの効果が薄れてきて注射を追加する時の受診になります。シワの無いきれいな状態を維持する場合は、4ヶ月毎の治療がオススメです。

③たるみジワ

たるみシワ…ヒアルロン酸注射は施術から数日後/2週間後に再診で経過をチェックします。問題なければ追加で施術する時まで受診する必要はないのでその間リフトアップされた状態をお楽しみください。
ダブロは施術後特に問題がなければ経過観察の受診は必須ではありません。ダブロの効果を最大に発揮させるためには季節ごとに治療を受けることをおすすめします。

症例写真

ボトックス症例① 額 施術前後

額前
額後

ボトックス症例② 目尻 施術前後

目尻前
目尻後

他、ピーリング石鹸、ビタミンCサプリメント、ビタミン含有機能性化粧品も効果的です。

基本的に表情筋、たるみのシワはクリニックでの治療以外で薄くすることは難しいです。ホームケアで改善させることができるのは乾燥によるちりめんジワです。自分の肌質にあったケア、コスメを使用することで改善させることができるため、院内でご自身の肌質にあったお手入れ方法をお伝えすることもできます。

紫外線 は真皮の深い層にダメージを与えてシワを作ることがわかっています。まずはしっかりと紫外線対策を行うことでシワもシミも予防することができます。ちりめんジワは皮膚の乾燥が主な原因であり、紫外線対策に加えて肌質に合った保湿ケアをすることで予防、改善が可能です。クリニック専用の機能性化粧品を使用することや、ピーリング治療 を行うことでより早く治ります。