たれ目院長ブログ ~ヒアルロン酸リフトでフェイスラインをきれいに~

最新のヒアルロン酸注入治療は、従来では考えられなかった効果を出すことができます。頬をリフトアップさせ、目元もパッチリとたるみを引き上げ、額は丸くかわいらしく、ほうれい線もナチュラルに消していくことができます。

 

それだけでなく、驚くことにフェイスラインをくっきりとシャープにすることができるようになりました。特に下顎に沿ったフェイスラインは、下顎骨の萎縮とともに顕著にたるみが目立ってきます。そこにMD-CODESのリフトアップポイントと最新コードであるJAWコードを使用すると、見違えるようにすっきりとシャープなフェイスラインに。今回は患者様に協力していただいて、症例写真を提示します。

 

 

治療はまず第一セッションで基本のリフトアップと額に注入し、第二セッションでフェイスラインを整えるように注入しました。もちろんJAWコードも使用しています。どの写真も上が治療前で下が治療後です。セミナーの症例発表用に撮った写真ではないのでちょっと角度やピントがずれていてすみませんが、色々な角度から見ても頬のたるみがすっきりと引き上げられ、アゴのラインがくっきりとシャープになっていることがわかります。ほうれい線、マリオネットラインも消えています。

 

しかも特徴的なのはその変化が自然で違和感の無いこと。作り変えるのではなく若いころの骨格に戻しているだけなので施術後の仕上がりに違和感がありません。それでいて変化量は大きく、施術後の顔に見慣れてしまうともう前の写真は見たくないと仰られるほど。ヒアルロン酸が吸収されるまでに2年以上かかるためこの効果は従来よりだいぶ長持ちします。人によりますが次のタッチアップは半年~1年後になります。

 

この方の場合、頬のたるみがリフトアップされることによって咬筋の張り出し、いわゆるエラが膨らんでいるのが目立っています。これを小顔ボトックスで縮めるとより細い小顔を実現できます。また、目元もリフトアップされてかなりパッチリした感じになっています。目元の写真はNGだったので紹介できないのが残念ですが、ヒアルロン酸は顔全体のバランスを考えたトータルフェイシャルトリートメントが重要なポイントになってきます。

 

【第二セッション治療】

・ヒアルロン酸5㏄使用

・費用約36万

・治療時間約30分

・副作用なし

・リスクは皮下出血、皮膚凹凸、血管誤注、アレルギーなど

 

 

 

中津川の栗きんとんをいただきました。今年の新栗を使用したもので発売されたばかりとのこと。栗きんとんは大好物です。やさしい甘さでおいしくて、スタッフ皆でいただきました。

 

 

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ラベールミラクリニック

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトンプラザB1

052-253-8155

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

関連記事

  1. 肌

    たれ目院長ブログ ~ダブロは副作用はない?~

  2. YAGレーザー経過ビジュアル

    院長ブログ ~シミ治療~

  3. 先生写真

    年末年始休診のお知らせ

  4. 外国人女性イメージ

    しみを消したい方 〜♪

  5. 一六タルト

    院長ブログ ~ヒルトンの駐車場直結~

  6. 肌深部〜骨格

    院長ブログ ~ヒアルロン酸セミナー~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。