たれ目院長ブログ ~ダブロは副作用はない?~

肌

切らないリフトアップとして人気のダブロは、当院だけでも年間数百件の治療数があります。その中でダブロはほとんど副作用がなく、それでいて目に見えてわかるほど効果が高いのですが、全く副作用がないわけではありません。

・神経障害

ダブロは皮膚の下で高密度の超音波により高い熱を発生させる治療機です。そのため、太い神経に直に照射してしまうと痛みやしびれなどの神経障害が残る危険性があります。これはダブロの照射範囲、照射方法をしっかりと守っていれば大丈夫ですが、いいかげんに施術してしまうとリスクが高くなります。

・皮下出血

通常であれば問題ないですが、抗凝固療法など血をさらさらにする薬を飲んでいる場合は皮下出血が発生し、やや広範囲になる可能性があります。それを防ぐため、問診で必ず治療中の病気や服用している薬をしっかりと聞きます。

・皮膚の膨らみ

ダブロの効果により筋肉を包む膜(筋膜)がギュッと引き締まり、それによってリフトアップ、引き締め効果を発揮します。皮下脂肪の薄い方ですとたまに引き締まった筋膜によって皮膚が盛り上がることがあります。これはだいたい半日から1日も経てば治まってきます。逆に言えば皮膚が盛り上がるほどダブロの効果が強いとも言えるわけですが、ちゃんと説明しておかないと初めての人はちょっとびっくりしますね。皮膚表面がヤケドしているわけではないので、痕が残ったり皮膚が変になることはありません。

副作用とは言いましたが、丁寧に施術すれば回避できること、または治療効果が大きいために発生することであり、重大な副作用の報告はないのでダブロは安全な治療と言えます。

ダブロは引き締め用のチップを使用した時の小顔効果、コラーゲン産生による肌のハリが個人的には非常に効果が高いと感じているので、リフトアップではなく美肌用のメニューとしてもあってもいいかなと思っています。それと、リフトアップも見てわかるほど効果が高いですが、欲を言えば効果の持続がもう少し長いと嬉しいのですね。とは言ってもメスも針も使わずに高い効果を出す治療としては非常に優秀なのでこれ以上は望み過ぎかもしれませんが…。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ラベールミラクリニック

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトンプラザB1

052-253-8155

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

関連記事

  1. 先生写真

    たれ目院長ブログ ~ヒアルロン酸注入治療が次世代たるみ治療の…

  2. たれ目院長ブログ ~ピーリングは美肌治療の基本治療~

  3. ほうれい線イラスト

    院長ブログ ~ほうれい線~

  4. たれ目院長ブログ 〜ヒアルロン酸注入治療のSTEP2で必要な…

  5. たれ目院長ブログ 〜8月の中級編無料セミナー「カウンセリング…

  6. 先生写真

    院長ブログ~日焼け後にせっせとビタミンC点滴~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2024.04.11

    「美容医療に関わる人の心理を行動経済学で考えてみる」

  2. 2024.04.10

    「ヒアルロン酸治療、ダウンタイムはない!?」

  3. 2024.04.09

    リップの治療

  4. 2024.04.08

    しわの日。ボトックス®︎は小顔にする?

  5. 2024.04.07

    「患者さんの気持ちを少しでも理解する」