たれ目院長ブログ 〜映画好きですが最近は映画館まで行かず…。そんな私の好きな映画ベスト3!〜

映画大好きです。2時間の中でドキドキワクワクする非日常性、一つのストーリーを始めから終わりまでまとめる技術、映画に魅了される人が多いのはよくわかります。私がもし生まれ変わるなら歌手か役者になりたいなぁと思います。自分の姿や声によって人を感動させ、それが作品として後世まで残るのが楽しそうです。

昔は映画といえば2本だてが普通で、メインの映画と必ずセットでもう一つのオマケ的な映画がありました。ですから、映画を見に行くというのは家庭の中でも一大イベントで、映画の日は昼から準備をして着飾って、まずはちょっと豪華なレストランに行く、その後映画を1本観る、合間で休憩をして次の映画を観る、そして帰り道で映画の感想を言い合いながら、カンフー映画の時には子供はそこら中で飛び蹴りをしながら帰る、という感じでした。私が子供の頃ですから昭和の終わり頃ですね。

その後、シネコンというスタイルが流行りだし、映画も1本単位で観るのが当たり前となり、そうこうしてるうちに映画もネットで観る時代になり、とあっという間に変化してきました。今から思うと家族で半日かけて続けて2本も観るという一大イベントだった頃が懐かしくもなりますが、映画館で4時間も観るというのは結構体力を使う作業で、今は家でごろ寝しながらお菓子食べながら最新の映画が観られるというのは楽になりました。これに慣れちゃうとどうしても映画館への足が遠のきます。

さて、いきなりですが好きな映画1番は、

『バックトゥザフューチャー1.2.3』

これは3部作まとめて一つの作品だと思っています。もう誰もが認める素晴らしい映画ですね。今更ここであれこれ言う必要がありません。映画の持つ夢、楽しさ、爽快感、気持ち良さ、ストーリーの完成度、映画の作り込み、その他全てにおいて完成度が高く、老若男女、時代を超えて楽しめる作品だと思います。

特に怖いシーンや子供には見せたくないシーンがないことも安心です。私の個人的な考えですが、子供でも安心して楽しめる映画にするには残虐性や性的描写の少ない方が良いと思います。恋愛ドラマや大人向けの作品には必要だとは思いますが、全ての人が安心して観られるエンタメ性をも持っているという意味でもこの映画はまさにパーフェクトだと思います。(個人的主観です)

次からは順位をつけにくいので、私の好きな映画ベスト3に入るものとして…

『ショーシャンクの空に』

この映画は爽快の一言に尽きます。内容には触れないようにしておきます。原題は確か「刑務所のリタヘイワース」だったかな…?。どちらも納得しちゃいます。この映画は語るよりも観るべきでしょう。途中でやや展開が遅くて気が抜けるところもあるのですがそれすらも計算のうちかもしれません。また、ティムロビンスやモーガンフリーマンといった名優の演技がまた素晴らしいです。気分が落ち込んでいる時に観るとスカッとします。

『フェイスオフ』

これは犯罪者とそれを追うFBI捜査官が顔を皮膚ごと交換してしまうというちょっと現実離れした映画ですが、医師から見るとありえないことですがそんなことはどこかに吹き飛ばしてしまうくらい世界観に引き込まれてしまうパワーがあります。ジョントラボルタとニコラスケイジの演技がまた素晴らしく、体格も顔の大きさも違う二人が入れ替わるなんて無理があるだろう、という気もあっという間になくなるくらい説得力のある演技。アクションが激しいですがそれもジョンウー監督の持ち味でしょう。マフィアであっても兄弟愛、家族愛を持っていると言う描写もちょっと心に刺さります。

『グッドウィルハンティング』

これも目立つのはやはり名優の演技。ロビンウィリアムズの演技は安定の素晴らしさで、マット・デイモンとベン・アフレックが一気に有名になったのもストーリーが良いだけでなくこの名優の存在が大きい気がします。マット・デイモンを見事に引き立てたと。ストーリーも当然良くて、天才であってもチャンスに恵まれなかった青年を、遊び仲間がこっちにいちゃダメだと背中を押し、そこに恋愛も絡み、と青春映画でもあり人の心の機微を描いた両作品。これも誰にでもオススメできます。

『スラムドッグミリオネア』

これもあまり説明はいらないですね。確か賞を取った作品ですし有名ですので。この映画は始めはちょっと良くわからない天海や時間軸ですが観ている段々とこういうことかとわかってきて、そこから先は完全に取り込まれます。

『リトルダンサー』

大学時代に観た映画で、これを観る度に当時のことを思い出します。ストーリーは私の学生生活とは全く関係なく、出だしから淡々とした感じで進んでいきますが、最後まで観ると心に響く映画です。

ベスト3とか言いながら全然3つではないですが、どれも甲乙つけがたいんです。他にも宮崎駿作品や「冷静と情熱の間」といったアニメや邦画も好きですし、マーベル作品も全部観てますし、「死ぬまでにしたい10のこと」、「マイライフ」、「クールランニング」などなど好きな映画はたくさんありすぎてもう順位はどうでも良くなります(笑)

ここまで紹介して気づかれたかもしれませんが、ホラー映画はちょっと苦手なんです。スティーブンキングの「シャイニング」のような素晴らしい作品もあることはわかりますが、個人的に怖いものとおどろおどろしいものがちょっと苦手でして、どうせ映画を観て非日常性を味わいたいのなら楽しいものやスカッとする気持ちの良いもの、感動するもの、嬉しさや悲しさを共感するものが個人的に好きなのです。

ネットで観るようになっちゃったと言いましたが、たまに映画館に行くとやっぱりワクワクします。あの雰囲気や大きいスクリーン、迫力ある音量、ポップコーンの甘い匂い、家では味わえない雰囲気は楽しいですね。ヤッパシ

問い合わせメール:labellemiraclinic.jp@gmail.com

LINE@:「ラベールミラクリニック」

LINE QR

(LINE@登録用QRコード)


ラベールミラクリニック

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトンプラザB1

052-253-8155


関連記事

  1. 先生写真

    たれ目院長ブログ ~シミ取り放題キャンペーンについて~

  2. シミ取り翌日

    シミよさようなら!

  3. たれ目院長ブログ 〜ヒアルロン酸注入治療の失敗は、明らかに変…

  4. 新井院長

    ラベールミラクリニック2月10日本日ヒルトン名古屋にてオープ…

  5. 新井院長

    美肌になる方法★

  6. 差し入れ

    ケミカルピーリングの効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。