たれ目院長ブログ 〜こんな目立たないクリニックにも色々な営業、問い合わせが来ます。〜

クリニックには当然患者様から様々な問い合わせが来ます。予約や治療内容の問い合わせがほとんどですが、電話やメールなのに自分の症状は治療できるのか、確実に改善するのか、その保証はできるのか、という内容のものも中にはあります。患者様の気持ちを考えると、治療が可能なのか、必ず治るのかは一番気になるところであるのはよくわかるのですが、さすがに診察してないものをどうできるかは言えませんし、医療というのは結果の保証もできません。

あまり知られてないことながら、クリニックにはそういった患者様からの問い合わせだけでなく、広告業者や不動産業者、投資の会社など様々な営業活動の連絡や問い合わせも来ます。マンションや節税の投資をしませんか、というものから始まり、ナースやスタッフの人材募集、派遣ができますよ、という経営コンサルタントまで、皆さんよくラベールのようにひっそりとやっているクリニックを見つけてくれるなあと感心してしまいます。

ラベールミラクリニックは開業以来、集客的な広告を出したことがないため、あまり存在を知られずに診療しています。知る人ぞ知るようなクリニックで、ブログや紹介などで来てくださる患者様を大切にしながらコツコツとやっています。あまり存在を知られていないのに、ブログなどで見つけて来てくださる方がいることだけで嬉しく感じてしまいます。

広告を出していないのは理由があって、当院の診療スタイルが大勢の患者様を診ることができないためです。ラベールミラクリニックではしっかりとした時間をとって、カウンセリング、治療の説明、経過やよく起こる副作用、得られる効果、などを丁寧に説明し、不安を取り除き納得の上で治療を受けていただけるように、と考えて診療しています。これには美容クリニックとしては例外的なほど多くの時間を一人の患者様に費やすため、普通の経営を考えるクリニックではおそらく難しいでしょう。

普段、大手チェーンクリニックで治療を受けている患者様がラベールに来られた時、同じシミ治療にこんなに時間をかけて説明してもらえるなんてありえない、向こうは5分も経たずレーザー当てるけどこっちは説明で30分!、と驚かれていました。ラベールとしては当たり前の説明をしただけですが、シミの仕組みや種類、最適な治療法など初めて理解できた、とのこと。私としては治療を受けるのにそういった説明がなかったり、使われているヒアルロン酸などの製剤や薬剤の種類も知らない、という患者様がいることに驚きます。

もちろん、患者様が治療や症状についてよく理解されている場合などは重ねてくどくど説明することはなく、要点を絞ってお伝えします。ただ、最低限の説明と理解は必要と思いますので、時間が無いから急いで、と言われても、満足な説明や十分に理解できる時間が無い場合には治療を後日に延期するようにお勧めすることもあります。それに慌てて治療すると危ないばかりか仕上がり具合などの治療結果にも影響を及ぼします。

例えばヒアルロン酸注入治療は、スピードを重視する先生もいらっしゃいますが、注入するスピードは遅ければ遅いほどリスクは下がります。確実に。また、ナチュラルで違和感ない仕上がりとするためには顔の立体的な構造に対して細かく精密にヒアルロン酸を配置する必要があり、治療レベルが上がれば上がるほどより時間がかかります。遅いことを誇るわけではなくて、安全で丁寧な治療のためにはある程度の時間は重要になるということ。

広告がなく、知る人ぞ知るクリニック、例外的に時間をかけて、異常なほど結果にこだわる変なクリニック、今はそれでいいと思っています。今後、同じ様な思いのドクターやスタッフが増えて、もっと需要を受け止め切れるようになった時に考えたいと思ってます。それまではこんな穴場的なクリニックを見つけて営業してきてくれる業者にも感謝しながら…

問い合わせメール:labellemiraclinic.jp@gmail.com

LINE@:「ラベールミラクリニック」

LINE QR

(LINE@登録用QRコード)


ラベールミラクリニック

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトンプラザB1

052-253-8155


関連記事

  1. 注射

    たれ目院長ブログ ~シワ取り注射で1千万円?~

  2. アラガン記念撮影

    ボトックスビスタについて

  3. グラッシュビスタ効果

    塗る マツエク!!!

  4. たれ目院長ブログ ~ダブロの副作用実験結果~

  5. たれ目院長ブログ ~テクニカルシェアと東京ヒアルロン酸セミナ…

  6. 施術写真

    エレクトロ導入〜栄養をしっかり届ける!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。