たれ目院長ブログ 〜たるみ治療初心者はまずダブロを〜

ダブロ施術

顔のたるみ、ほうれい線、マリオネットライン…、たるみは老化現象の中でも一番悩ましくて、それでいて改善するのが難しい症状です。ニキビや肌荒れといった肌症状は食生活や生活習慣を改善し、適切なケアをすることによって比較的簡単に良くすることはできますが、たるみというのは土台となる筋肉、骨の萎縮が大きな原因となっていて、それはどんなに高い美容液やマッサージでも元に戻すことはできません。

それが可能なのは医療の中の治療のみで、失われたボリュームを安全に作りだせるのはヒアルロン酸注入です。その中でも「ボリューマ」は長鎖、短鎖ヒアルロン酸を独自技術で架橋し、しっかりとしたリフト力と長期持続性を実現したため、私のいま最も信頼するヒアルロン酸製剤となっています。

 

シリコンやプラスチック製剤を使っていた時代もありましたが、非吸収素材というのはその後の合併症の問題で今はあまり使われておらず、より安全で何度でも治療が可能であり、万が一の際の修正が可能な製剤を使う方向へとシフトしています。最新のヒアルロン酸を使った最先端のたるみ治療は、高い効果と長期持続性、自然で違和感のない仕上がり、といいことづくめなのですが、唯一避けられないのが注射による治療のため針を刺すということ。

 

針とは言っても普通の点滴の針よりもかなり細くて、痛み止めも使ったりするので皆さんの想像よりも痛みは少ないですし、アンチエイジング治療に慣れている方は手術に比べれば針くらいなんともない、と仰られますが、やはり初心者の方はちょっと怖い気持ちがあるようで、たるみを改善したいけどまだやめておこうかな、となってしまいます。

 

注射はちょっと怖いけど、でもたるみは治したい!という方に好まれるのはやはりHIFUであるダブロです。ダブロは超音波を使って自分の肌を引き締めて、リフトアップしながらハリを出します。針もメスも一切使わずにダウンタイムもないため、切らないリフトアップとして急速に広がっており、当院でも人気が高い治療です。

 

ダブロの効果は即日でもわかるほど高く、半顔施術した段階で左右を見比べると、施術した側が明らかにリフトアップされて引き締まっているのがわかるほどです。痛みはチクチクする感じがありますが、個人差があって感じない人は全然痛みなく受けられます。しっかりと熱を加えるので施術直後は若干赤みがありますがその後短時間で戻ります。効果は高いのに傷はなく、表情が固まったり違和感が出ることもないので、たるみ治療の入門治療としても最適です。

 

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ラベールミラクリニック

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトンプラザB1

052-253-8155

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

関連記事

  1. ダブロ説明

    院長ブログ ~ダブロも人気~

  2. 新井院長

    院長ブログ ~乾燥は秋から始まってます~

  3. たれ目院長ブログ ~今年最後の東京出張ヒアルロン酸セミナー~…

  4. 新井院長

    こんな日には、、総合ビタミン点滴!!

  5. 院長

    ホームページをリニューアルしています。

  6. おでこヒアルロン酸注入

    院長ブログ ~おでこのヒアルロン酸注入ビフォーアフター~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。