たれ目院長ブログ ~サノレックスは正式な肥満治療薬~

先生写真

世の中に色々な薬、サプリメントが出回り、医薬品であってもネットで入手できてしまう時代です。ただし、気を付けなければいけないことも多く、特に薬を簡単に考えることは危険です。

 

ダイエットサプリはたくさんの種類があります。効果は試したわけではないのわかりませんが、作用機序や実際に使った人の声を聞くと、やはりサプリメントの域を越えないという印象で、ややもすれば宣伝文句の方が大きなことを言っていることもあります。

 

飲んで簡単に痩せられる、そんな簡単な薬はない、というのは医療の建前で、実は存在 します。それは、本来の治療においては副作用である体重減少を利用したもので、サプリメントとは違って純粋な薬なので強力です。効果があるとかないとかい うレベルの話ではなくて、身体の中で確実に作用するから薬なのです。もちろん副作用もあり、気を付けていれば大丈夫なものの、知らずに使用すると危険な場 合もあります。

 

そして、薬の中でも正式な肥満治療薬があります。「サノレックス」と いう薬は、保険診療でも処方される正式な肥満治療薬であり、海外製の怪しい薬ではありません。ただし、病院で治療として処方してもらうには、BMIが35 以上であり、運動療法、食事療法の効果では足りない場合になります。つまり、身長160cmの場合は体重が89.6Kg以上ないとだめで、保険適応の条件 はかなり厳しくなっています。

 

というのも、サノレックスはただ単に食欲を減らすのではなく、満腹中枢を刺激するこ とで満腹感を得やすくし、接触行動を抑えます。薬の中でも向精神薬というジャンルに入り、覚醒作用や依存性に注意するために乱用しないように注意しなけれ ばなりません。しかし、注意点を守れば、薬自体は厚生労働省に正式に認可されているため危険な薬というわけではありません。

 

サノレックスでのダイエットは、ある意味王道的な治療であり、正しく行えば非常に自 然にかつ無理や偏りなく体重が減少します。太るというのは簡単に言えば、消費カロリーよりも摂取カロリーが多い状態です。もちろん、ホルモン異常などの病 的な状態を除いて、一般的に「太る」場合です。では痩せるために、摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やせばいいわけですが、そんな簡単にいかないの で皆悩むわけです。おいしい食べ物はそこら中にあふれていますし付き合いもあるとついつい食べてしまいます。逆に運動する時間はなかなか取れず、自然にエ ネルギーを消費する基礎代謝も年齢とともにどんどん落ちていき、結果的にちょっと食べるのを控えたぐらいでは摂取したエネルギーを使いきれず、身体に貯 まって太ることになります。

 

ダイエット薬は色々ありますが、考え方としては、

・摂取したエネルギーを吸収しないようにする

・吸収したエネルギーを脂肪になる前に排出させる

・代謝を上げて消費するエネルギーを増やす

というように分けられます。ではサノレックスはどれになるかというと、実はどれにもあてはまりません。サノレックスは身体に入るエネルギーを減らすことが目的で、ダイエット薬というよりは摂食行動を正すための薬となります。そのため、糖質や脂肪だけを排出させる薬とは違って栄養に偏りが出難く、代謝を上げるだけの薬よりも効果は劇的です。

 

つまり、薬を飲めばあとは好き勝手してても痩せられる夢の薬、というものではなく、 自分に本当に必要な食事量を理解させ、健康な食事習慣を身につけさせる、というある意味教育的な治療なのです。食事量全体を抑えられますので、糖質、タン パク質、脂質、ミネラル、ビタミンといった五大栄養素のバランスを保ったまま痩せられ、もっと言えば間食を減らすことで多くなりがちな糖質と脂質を効率よ く減らせます。

 

具体的に、薬を服用すると満腹感を感じやすくなり、いつもは夕方に食べてたお菓子に 手が出なくなり、ついつい食べ過ぎちゃう夕食が適量以下でも十分に満足します。うまくいくと2週間で3~4Kgくらい体重が落ち、多い人では1カ月で 7~8Kgの減量に成功した人もいます。その効果にも驚きですが、逆に治療前に普段食べていた食事やおやつがいかに過剰であったか、制限したつもりでも実 際はけっこう食べていたという事実に驚き、反省します。

 

そうして自分の体に合った食事量、習慣を身につければ、あとは治療をしてもその習慣 を続けていくだけで健康的な体になります。そのため、サノレックスはだいたい1~2カ月が標準的な治療期間で、3カ月を超えて治療することは勧められてい ません。他にも注意する点、より効果を発揮するための方法などがありますので、必ずドクターの診察を受け、説明を聞いて治療してください。

 

薬というのは身体の中で確実に作用するべく研究され、試験されて作られています。も ちろん効果の個人差はありますが、作用や効果がはっきりしないサプリメントと違って効果は非常に高いため、少なからず副作用というのも存在します。ネット で調べた知識で治療を簡単に考えて自己判断で薬を使うのは非常に危険であり、自分の身体を大事にして欲しいなと思います。特に海外製の薬は要注意で、国の 認可もなければ成分や効能すらも怪しいものがあり、偽物のバイアグラに至ってはペンキで塗られていたということもありました。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ラベールミラクリニック

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトンプラザB1

052-253-8155

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

関連記事

  1. カード

    名古屋で美肌を目指すなら、、、

  2. 30代女性症例

    たれ目院長ブログ ~シミ取り定額治療(以前の取り放題キャンペ…

  3. ハートのチューブ

    プラセンタ♡

  4. 手

    たれ目院長ブログ ~医療から見たエステ、美容商品~

  5. 新井院長

    〜メンズ〜 わきが 多汗症には ボトックス!

  6. たれ目院長ブログ 〜アゴ先のセンターがズレてないけどズレてる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。