顔の重心を上に持っていくと引き締まった顔に。

先日、娘のバレエの発表会がありました。
約1年前、自らバレエをやりたいと言いだし(保育園のお友達の影響かな🤔)、そして発表会もでたいとお願いしてきました。
発表会前は合同練習というものが毎週あり、毎週5時間の練習(幼児なので見学がほとんどですが)も行きたくないと泣いている他の幼児さんもいる中、泣き言ひとつ言わずにむしろ楽しそうに行っていました。
家でお友達と遊んでても、バレエの時間になると、「バレエあるから行ってくるねー」と言ってバレエの練習に行ったのには正直驚きました。遊びたいが勝つと思っていたので、、、😅
パパが何気なく「今日は何して遊んできたの?」とバレエ帰りの娘に言った時、「遊んできたんじゃないよ、バレエの練習してきたんだよ」と怒っていました。
発表会本番は舞台は堂々とやり遂げた娘をみて本当に感動しました。
やりたいこと、好きなことに向かって努力してやり遂げる娘の姿をみて母ももっと頑張らなきゃと、やりたいことを色々理由をつけてやってこなかった自分を反省して、これからはやろうと思いました。

そんな私も実は20年以上前バレエをやっていました。
(今はバレエをやっていた影も形もないくらいな体型になってしましましたが😅)
バレエの先生によく
「まなか、重心をもっと意識しなさーい!!!!!」って怒られていたのを思い出します。
重心が低いと重い感じにも見えるし、だらしなく感じます。重心が下がる休めのポーズをするとだらしない感じがしますよね?
一方、重心を高くと意識すると背筋が伸び、シャントし、細くも見えます。

バレエでは体全体の重心ですが、顔だけでも重心は大事になってきます。
額はやせ、頬もやせ、骨のやせによりたるみが全部下顔面に落ちてきていると、重心は下に来ているので、だらーんとした印象になります。
なので、重心の位置を上に持っていくことにより、だらーんとした印象から引き締まった印象にすることができます。

顔重心を上げるためにはどうしたらいいのか?

例えば、
痩せた額を改善させ、平坦になった頬も丸みを改善させ、骨のやせを改善することによりたるみを元の位置に戻すと重心が上に上がります。

この患者さんは額のやせが顕著でした。
額のやせに対し、中顔面、下顔面のボリューム感があり、重心が下になっており、ダラーんと重い印象でした。
治療により、額のボリュームロスを改善し、骨のやせを改善することによりたるみを元の位置に近づけ、頬の位置も引き上げることいより顔の重心を上にあげました。重心が上に上がったことにより、ダラーんと重い印象がなうなり、引き締まった印象の顔になりました。

何が言いたいかと言うと、額を丸くしたい人だけが額にヒアルロン酸を入れたらいいと言うわけではなく、全体のバランスを考え、その人にとってより良い顔に近づけるために額にヒアルロン酸が必要なことがあると言うことです。

ちょっとマニアックな話になりましたが、自分がどんなふうにすれば自分にとってのベストの顔になるか知りたい方はぜひ相談してください。

関連記事

  1. たれ目院長ブログ 〜なぜ無料セミナーを開催するのか?なぜテク…

  2. たれ目院長ブログ ~4月から東京でもヒアルロン酸注入治療が受…

  3. たれ目院長ブログ 〜10月29日インナーセミナー開催。見学希…

  4. たれ目院長ブログ ~テクニカルシェアと東京ヒアルロン酸セミナ…

  5. たれ目院長ブログ 〜第一回オンライン注入治療サロン開催!予想…

  6. たれ目院長ブログ 〜8月の中級編無料セミナー「カウンセリング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。