たれ目院長ブログ 〜今年は『Eラインビューティー』プロジェクト!始めます〜

横顔

最新の注入治療は非常に複雑で一言では説明できません。若返りと言っても人によって症状や程度も様々、かつどのようにどれくらい若返りたいかも十人十色。また、若い人の輪郭治療であっても、丸顔にするのかシャープなラインにするのか、例えライン一つ見ても柔らかいカーブが直線に近いラインで引き締めるかなどと、決まったパターンはありません。

治療するドクターはもちろん、どうすれば人の顔は綺麗に見えるのか、若い頃の顔に戻るのかを知っているはずです。中には個人の主観で治療するドクターもいるかもしれませんが、多くは客観的で科学的な「美の基準」を治療に取り入れているかと思います。

美の基準は若く美しいとされる顔を分析していった結果得られたもので、人のもつ感性を統計学的に分析していったものと言えます。つまり、美しい人はこういった基準やラインがあることが分かったから、それを他の人にも当てはめていくと自然と美しいと感じる顔になっていく、ということ。これは単純に特定の綺麗な顔にする、というものではなく、あくまで本人の顔の特徴を保ったまま、その人にとっての綺麗にしていくことができます。

 

ただし、一般的な「美の基準」は欧米で作られたものであり、欧米人の骨格、体格、好みにちょっと寄っていると思われるので、遺伝的に顎が小さくて平面的な顔立ちのアジア人にはアジア人向けの「美の基準アジア版」に微調整してあげる必要があると個人的に考えます。

さらに言えば、アジア人の中でも日本人独特の感性がありますので、アジアの中でもさらに日本人に特化した美の基準をベースに治療を組み立てていきます。日本人は元々持っている自分の顔を大事にする傾向がありますので、ナチュラルに違和感なく、変えるんだけど変わってないような、でもちゃんと綺麗になっている、という繊細な治療の考え方やテクニックを必要とします。

さて、前置きが長くなりましたが、それだけ複雑で繊細な治療は、顔のここに注入したら綺麗になりますよ、こことここに注入したら何歳か若返りますよ、というほど簡単に説明できませんので、患者様にこの治療の本質を理解していただくためにはかなり時間をとってゆっくりと丁寧に説明しなくてはなりません。それでもまだ難しい話になるので、まずはここを整えると誰でも「美の基準」を理解できて注入治療で綺麗になるという意味がわかっていただける治療を紹介します。

その治療とは、Eラインを整える治療です。

Eラインとは顎先と鼻を結んだ直線で、リップがそのライン内に収まっていると平均的に綺麗な顔とされている、最も有名な「美の基準」の一つです。ネットでEラインと検索すればいくらでも情報が出てくるのでここでは詳細は割愛しますが、このEラインは整えるだけで誰もがわかるくらい顔が綺麗に引き締まってきます。特に横や斜めから見た時の雰囲気はグッとまとまりが良くなります。

横顔

 

Eラインを整える最初で最大のポイントは顎です。アジア人は遺伝的に顎が小さいため、横から見た時に顎先が後ろへ奥まっていてEラインが綺麗にそろいません。顎が後退していると逆に唇は前に出て見えてしまうこともあります。そのため、まずは顎先を前に出してEラインを整えていきます。必要であれば下にも伸ばして、正面から見た時の顎のラインが綺麗に整うようにもします。

 

次に重要なのは鼻と唇。鼻もヒアルロン酸で整えるのですが、プロテーゼや軟骨移植のように明らかに前へシフトすることは難しいですが、それでもヒアルロン酸でできることはあり、それらを組み合わせると鼻先を少し前へ出してあげることはできます。

鼻先と顎先が前に出ればEラインとしてはかなり綺麗になってきますが、そこに収まるくちも意外と重要です。口はまずリップの形やラインを整えます。色々な基準がありますが、上のリップと下のリップの大きさや形のバランスを整え、唇だけで口角が上がった形にします。横から見た時に上のリップの先端が下のリップよりもほんのわずかでも良いので前に出ているのが理想的。

 

以上のことは全てヒアルロン酸注入でできます。ただし、Eラインをそろえるために鼻先、唇、顎先だけに注入しても、そこにつながるラインや面も最終的にそろえておいてあげるとどの角度から見ても綺麗なお顔になってきます。

鼻から顎口周りイラスト

 

例えば鼻は鼻筋だけを高くするのではなく、法令線の一部でもある鼻翼の横の溝をしっかりと埋めてあげ、小鼻を内側へ寄せて小さく見せるポイントや鼻下から唇までつながるラインも整えてあげると、鼻全体が小さく、綺麗に見えてきますし、唇は周囲のシワや痩せを改善させておくことでより綺麗で魅力的なリップとなってきます。

 

そのために必要な場合にはボトックスも使います。特に唇の形をへの字口にして口角を下げてしまうオトガイ筋、口角下制筋はボトックスで緩めてあげることで顔全体が若く、優しい表情へと変化します。

 

と、喋り出すとどんどん複雑で奥の深い話になってしまうので、まずはEラインを揃えることから始めましょう、というのがEラインビューティーのコンセプトです。

 

 

Eラインを整えて誰もがわかる綺麗で引き締まった顔に。Eラインビューティープロジェクト、(勝手に)始めてます。

問い合わせメール:labellemiraclinic.jp@gmail.com

LINE@:「ラベールミラクリニック」

LINE QR

(LINE@登録用QRコード)


ラベールミラクリニック

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトンプラザB1

052-253-8155


関連記事

  1. 先生写真

    4月休診日のお知らせ

  2. たれ目院長ブログ ~ヒアルロン酸注入治療セミナーで大阪に呼ば…

  3. 図解1

    たれ目院長ブログ ~美容外科ではなくてアンチエイジング治療の…

  4. タトゥー除去足

    タトゥー除去できます!

  5. 外国人女性

    たれ目院長ブログ 〜新井式ヒアルロン酸注入法によるステップ2…

  6. 多汗症

    院長ブログ ~AGA、汗を止めるボトックス~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。