たれ目院長ブログ ~大阪でヒアルロン酸注入治療TFTセミナー開催しました~

 

梅田ビューティークリニックで開催されたヒアルロン酸注入治療セミナーに講師として行ってきました。セミナーではMDコードを主としたTFT(Total Facial Treatment:トータルフェイシャルトリートメント)を紹介し、さらに実際のモデル患者様に注入しながら施術のポイント、注意点を説明し、その効果も理解していただきます。

MDコードって何?、TFTってなんぞや?、と思われる方も多いかと思いますが、この治療法は世界的には広まっていても日本においてはまだあまり知られていないため、美容ドクターであってもまだビギナーが多い中、一般の患者様が初耳であっても不思議ではありません。

MDコードとは世界的な形成外科の権威であるDr.デマイオによって研究、開発された治療ポイントで、そのポイントを中心にヒアルロン酸注入を行うと人は自然に若返る、または美しい輪郭を手に入れることができます。あえてポイントを表現したのは、MDコードは治療部位を示してはいるものの決してマニュアルではないという意味を込めてです。

MDコードによるヒアルロン酸注入治療は、人の老化現象、特にたるみに関しては皮膚の土台となるべき頭蓋骨の萎縮が根本的な原因であることに対してアプローチします。すなわち、ヒアルロン酸で皮膚の表面だけを膨らませるのではなく、骨格を若い頃に戻していきます。そうすると、人はナチュラルに違和感なく若返ることができます。

そしてこの治療を応用すると、たるみやシワといった老化現象だけでなく、若年の方のフェイスライン、鼻、アゴといった輪郭治療も可能となります。それも、骨格から改善させるため、若返り治療と同様に違和感なく輪郭を整えることができます。

TFTはトータルフェイシャルトリートメントの文字通り、顔を部分的に治療するのではなく、全体のバランスを崩さないように行う治療概念で、患者様の悩みを本当に改善するために必要な考え方です。例えば、老けて見えてしまうほうれい線を気にするあまりほうれい線だけにヒアルロン酸をしっかり注入しても、思ったほど顔全体の印象が改善しないこともあります。それは老けた印象というのはほうれい線だけでなく、ゴルゴラインやマリオネットライン、歪んだフェイスラインといった他の要素も大きく関係しているためで、全体の印象を改善させる治療を行わないと本当の改善、本当の治療とは呼べません。

逆にほうれい線は多少残っていても、他の老化現象をバランスよく治療することで顔全体の印象はぐっと良くなり、若々しく元気な表情へと変化することもあります。このように、一つ一つの症状や部位だけに捉われ過ぎず、細かいバランスで成り立つ顔を全体的に治療して改善させることがTFTとなります。

TFTにおいてはヒアルロン酸注入だけで改善できない場合はもちろん他の治療も組み合わせます。エラ(咬筋)を縮小させて顔を小さくし、かつシワをとることで若く優しい表情へとするためにはボトックスを使いますし、ヒアルロン酸でリフトアップしたあとにどうしても残る脂肪の膨らみはダブロといったHIFUで焼き縮めていきます。

今回のセミナーはもうすでにMDコードを使用してヒアルロン酸注入治療を行っているドクターばかりだったので、初級編のMDコードは素早く済ませて中級~上級のポイントをしっかりとレクチャーしました。参加者の中には講師として活躍されているドクターもおり、インストラクターの立場となっても、少しでも学ぶことがないかと貪欲に勉強会やセミナーに参加する姿勢は尊敬します。私も技術を磨き、知識を深めるために講師ではなく参加者として積極的に色々なセミナーに参加し続けていきます。

問い合わせメール:labellemiraclinic.jp@gmail.com

LINE@:「ラベールミラクリニック」

LINE QR

(LINE@登録用QRコード)


ラベールミラクリニック

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトンプラザB1

052-253-8155


関連記事

  1. たれ目院長ブログ ~完全予約制の美容クリニックとしている理由…

  2. たれ目院長ブログ ~2019年もヒアルロン酸治療を進化させて…

  3. たれ目院長ブログ ~4月から東京でもヒアルロン酸注入治療が受…

  4. たれ目院長ブログ ~虫歯治療で痛くない注射を学ぶ~

  5. たれ目院長ブログ ~2018年はヒアルロン酸注入治療が飛躍的…

  6. たれ目院長ブログ ~シミ取り定額治療のご案内〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。