たれ目院長ブログ 〜おでこ(額)以外のシワの治療はボトックスだけで治療ができるのかできるのか〜

先日のブログでは額のシワへのボトックス注射は根本的には間違いと言いましたが、だからと言ってボトックス注射をしないわけではありません。ボトックスのみでもきれいになる人、ヒアルロン酸注入が必要とはわかったけどボトックス注射をしてみたい人、まだヒアルには抵抗があるからボトックス注射でできるだけシワを薄くしたい人、などなど患者様の状況は本当に様々です。

現実的には患者様の様々なリクエストにできるだけ沿うようにはしたいと心がけてはいますので、本当はヒアルロン酸でリフトアップをしないと難しいけどボトックス注射で治療する場合には、単純にボトックスの薬量を減らすのではなく、瞼が重くならないように、前頭筋を緩めすぎないギリギリのところを狙って注射するような特殊な方法を使って治療するなど工夫をしています。

根本的には違うからといってボトックスを注射しないわけではないです。プロたるもの技術の引き出しは多く持ち、正しい医療を最低限守りつつもできるだけニーズに応えられるようにしています。ですから皆さん、私のブログを読んで、このドクターにおでこのボトックスをお願いするのはなんか怖そうだな、なんて全く思う必要ありません。遠慮なく気軽にお悩みややりたいことをぶつけてください。

額のシワ治療は色々と複雑なので結構難しいのですが、他のシワはどうでしょう。一般的に表情ジワはボトックス治療で改善するとされています。表情ジワとは眉間の縦ジワ、カラスの足跡と呼ばれる目尻のシワ、それから目の下のちりめんジワや鼻のバニーライン、あとはアゴの梅干しジワ。

 

 

これらは確かに筋肉の動きによって深くなる要因が大部分なのでボトックス注射のみで大きく改善させることができますが、実はボトックス注射だけでは足りません。本当にナチュラルにシワを消していくためには他の治療を組み合わせる必要があります。

例えば目尻のシワ。これは眼輪筋が収縮して出来るシワのためボトックスでその筋肉を緩めるのが一般的であり、ラベールでも当然そうします。じゃボトックスで完璧かというとそうではなく、最終的にはたるみ、ボリュームロスを改善させる必要が出てきます。

目尻のシワにボトックスをしっかりとうってもまだシワが残る方、よくよく観察するとこめかみや額の痩せ、それらによるたるみによって目尻のあたりに皮膚が余って、寄っているのがわかります。つまり筋肉が硬くなってシワができているのではなく、たるんできた皮膚が重なってくることによってシワができているのです。

 

 

それを改善するには目尻あたりのリフトアップが必要です。ここのリフトアップは意外と難しくて治療法が少ないのですが、当院ではもちろんヒアルロン酸注入で行います。額やこめかみの形を整えながらリフトアップし、さらに目尻のシワができるあたりの皮下にヒアルロン酸を配置して厚みを出します。そうするとリフトアップされて皮膚が引っ張られることでシワがさらに伸びてきます。

さらにまだ方法があります。目尻の横あたりにちょっとした凹みがあり、年齢とともにそれが深くなる部分があります。ここには皮膚の土台となるべき骨があるのですが、その骨が萎縮していくのです。土台を失った皮膚は余ってたるみとなり、やはりシワを深くしますので、ヒアルロン酸をそこにピンポイントで注入して骨格矯正をしてあげると改善してきます。

 

目尻のシワ一つとってもボトックスに加えてリフトアップや骨格矯正が必要であることが理解できると思いますが、複雑な構造の顔をナチュラルに若くきれいにしようとすると、そもそも一つの治療だけではバランスが悪く難しい。このことは常に考える必要があります。

他の表情ジワもボトックスで大きく改善させることはできますが、よりきれいに、ナチュラルに若返るためにはやはり他の治療が必要となります。他の治療と言ってますがぶっちゃけ当院ではそれを全てヒアルロン酸注入で行います。

どのシワにどんなヒアルロン酸注入をどこにどの程度加える必要があるか、これは非常に複雑でここで簡単に言えるものではないのでまたシワ別にまとめてみたいと思います。ボトックス注射をシワ取りではなく別の目的で行うこともありますが、私の話を聞いてよく考えてみると多分納得されるかと思います。

本日のまとめ!

ボトックス注射はシワ取りにあらず。ナチュラルなシワ除去に必要ではあるが全てではありません。ただしヒアルロン酸注入と組み合わせることで、またボトックスの真の効果が発揮されます。

*LINE@に注入治療セミナーのモデルグループを作りました。ここに登録しておくと時々モデル募集の案内が来ます。ご興味ある方はぜひ登録、応募してください。

LINE@:「注入治療セミナーモデルグループ」

(LINE@登録用QRコード)


問い合わせメール:labellemiraclinic.jp@gmail.com

LINE@:「ラベールミラクリニック」

LINE QR

(LINE@登録用QRコード)


ラベールミラクリニック

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトンプラザB1

052-253-8155


関連記事

  1. ヒアルロン酸前後

    たれ目院長ブログ ~痛くない唇のヒアルロン酸注入~

  2. たれ目院長ブログ ~解剖実習のため海外研修しておりました~

  3. ビフォーアフター

    たれ目院長ブログ ~膨らますのに小さくなるヒアルロン酸の不思…

  4. たれ目院長ブログ 〜ヒアルロン酸注入治療が向いているドクター…

  5. たれ目院長ブログ 〜美容医療の集客は難しい〜

  6. 栗きんとんパッケージ

    差し入れ^ – ^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。