ボトックスは裏切らない?

こんにちは、松元です。

前回ヒアルロン酸についてお話しました。
今回はヒアルロン酸と同様によく耳にするボトックスについて今日は解説していきたいと思います。

ボトックスは商品名であり、施術の名前として正しくはボツリヌストキシン毒素注射と言います。今回は馴染みよくボトックスと呼ばせてくださいね。

ボトックスってどんな治療?

ボトックスとは筋肉を緩める治療になります。

わたしたちの神経の末端には「動け!」といった指令を伝達する
アセチルコリンという物質があるのですが、
ボトックスはその放出をブロックします。
神経から筋肉へ指令を伝達できないために筋肉は動かなくなる、という仕組みです。

ブロックされた神経は異常を感じて毒素を分解したり、
新しいアセチルコリンの工場を作ったりするのでボトックスの作用は次第に弱まっていき、
およそ3−5ヶ月で効果は消失します。
そのためボトックスも期間限定の治療と説明しています。

ボトックスでできること

1.表情皺の予防
2.肥大した筋肉の縮小
3.発汗、皮脂分泌の抑制
4.皮膚の質感の改善

ボトックスができることは主に4つあります。

1.表情皺の予防
筋肉が動かなくなることで眉間に皺を寄せることができなくなります。
表情皺は折り皺であるため、折ることをやめることでシワの予防に繋がります。
眉間のボトックスをすることで険しい表情ができなくなり優しい印象のお顔になる方が多いです。
眉間、目尻、おでこ、鼻、顎など、様々な部位に打つことが可能です。

2.肥大した筋肉の縮小
また、筋肉の収縮を抑制することで筋肉は次第に痩せていきます。
エラが気になる人の中で咬筋の過剰な発達が原因の方がいます。
そのような方は咬筋へのボトックス注射で筋肉を緩めた状態を継続していくことで、
次第に発達した咬筋が痩せるのでエラが目立たなくなっていきます。いわゆるエラボトです。
エラの他にも肩やふくらはぎに打つこともあります。
肩ボトックスは肩の盛り上がりが減り、首がすっきり見えるので、花嫁さんに人気の治療です。

3.発汗、皮脂分泌の抑制
ボトックスは筋肉だけではなく汗腺や皮脂腺の働きをブロックすることも可能です。
気になる匂いを消すだけではなく、汗の元栓から閉めるイメージで汗の分泌をブロックしていきます。
皮脂腺も同様に働きを抑制することでニキビの改善が見込めます。

4.皮膚の質感の改善
薄めたボトックスを皮内(浅いところ)に少量顔全体に注入することで、毛穴が縮小し、皮膚全体が滑らかな質感になります。
これはごく浅い層をボトックスによって麻痺させることで表面が一時的にむくみ、
固定されたシワが改善されることで見た目上滑らかな質感に仕上がります。

以上のようにボトックスと一口に言っても作用する部位によって効果は様々。
シワを取る治療、とは少し違うということです

画像

注入前に知ってほしい

セックスアンドザシティのサマンサも
「結婚なんて信じない、信じられるのはボトックスよ」という名言もあるくらい
昔からボトックスは人気の治療です。

ただ施術の前に知っておいて欲しいことが2つあります。

・お悩みの改善には時間がかかること
・ボトックスの反応は人それぞれ異なること

何十年かけて折られた皺、鍛えてきた筋肉はそう簡単には消えません。
眉間のボトックスを打ったからといって、いきなりシワがピーンと張るわけではないのです。
また、エラボトなど筋肉の縮小を狙う治療は、3ー5回の施術の後ようやく効果が見られることもしばしば。
1回の施術であまり効果がなかった・・・と感じる方は効果を勘違いしていた可能性があります。

あくまで効果は「筋肉を緩める」ことであり、
その積み重ねの先に「シワが伸びる」とか「顔が小さくなる」といった効果があります。

そのようなすれ違いを防ぐために、はじめてボトックス希望で来られるお客様には、
どんなお悩みでどんな効果を期待しているのかを確認させていただきます。

 

そしてもう1点、ボトックスへの反応は個人差が大きいです。

たとえばヒアルロン酸は1ml入れたら必ず1ml分の変化があります。
しかしボトックスは同じ単位数(ボトックスの量はmlではなく単位数で表されます)を打っても
必ずしも万人が同じ結果になるとは限りません。
つまり、よく効く人もいれば効きづらい人もいるということです。

そのためボトックスは1回の施術で判断するのではなく、
ぜひその後も同じドクター、クリニックへ通っていただきたいと思います。
前回10単位で打ったが、効きすぎてしまったら8単位へ減らす、
もう少し変化が欲しければ12単位へ増やす、など必ずドクターは次の一手を用意しています。
そのためにはどうぞ遠慮せず、前回の効果が物足りなかった、効きすぎてた、と診察の際に教えてくださいね!

というわけで今回はボトックスのお話でした。
ご希望に沿った打ち方をご提案いたしますので、ご興味のある方はぜひカウンセリングにお越しください。

松元

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2024.04.11

    「美容医療に関わる人の心理を行動経済学で考えてみる」

  2. 2024.04.10

    「ヒアルロン酸治療、ダウンタイムはない!?」

  3. 2024.04.09

    リップの治療

  4. 2024.04.08

    しわの日。ボトックス®︎は小顔にする?

  5. 2024.04.07

    「患者さんの気持ちを少しでも理解する」