Wartsイボ

イボ

イボとは?

イボは皮膚の表面にできる良性腫瘍の俗称であり、大きく分けてウイルス性と非ウイルス性のものがあります。実際にはほとんどが加齢や紫外線の影響でできる非ウイルス性であり、ホクロのように盛り上がるものやキノコ上に伸びるものまで色々な形があります。また、老人性疣贅など角化病変も一般的にイボと呼ばれることが多いです。

イボができる場所

イボ発生場所イラスト

ウイルス性のイボは感染性のものであり、手や足、顔など肌が露出する部分に発生しやすいです。
非ウイルス性のイボは顔や首など紫外線や乾燥の刺激を受ける部分に多く発生します。他にも胸、背中、頭にできやすいですが、腕や足、お腹に発生することは少ないです。

イボの種類

・軟性線維腫

イボ

1~3㎜程度の大きさでキノコ状に外へ膨らむ。顔や首に多く発生します。

・脂漏性角化症、扁平性疣贅

手のひらイボ

加齢や紫外線刺激により、皮膚が角化して厚くなったものです。メラニン色素を含み、シミと混同されることが多いです。形は円形が多く、平らで、癒合して大きくなる場合もあります。

イボがあるデメリット

イボは良性腫瘍であり、放っておいても問題はありません。しかし、美容的にみると、イボは自然には治らず、小さくても年齢を感じさせるものであり、切除することで見た目も気持ちもすっきりします。

イボの治療

レーザー治療

CO2レーザーで切除します。イボはほとんどが表皮の病変であり、表面を切除するだけで比較的容易に治療が可能です。同時に複数の治療も可能です。

イボの治療期間

いぼ流れ

レーザー切除後、数日でかさぶたとなり、2週間ほどで剥がれてきます。その後は化粧することでほとんで目立たなくなります。